« ぷぅちゃんと「パイナップルジュース」。 | トップページ | ぷぅちゃんの「小さな冒険」。 »

ちゃむの「思い出がいっぱい」

去年の2月21日の暖かい午後。

11年間一緒に過ごしてくれた「ちゃむ」との別れを迎えました。

今日は命日なので「ちゃむ」について語りたいと思いますconfidentshine

G 私がちゃむと出会ったのは

大学生の時です。

姉と二人暮らしでした。

ホームセンターで見かけて・・・

同居生活始まりましたぁ。

こんなに小さかったんだね~heart04

姉が撮ってくれた貴重な1枚ですshine

私の友達にも可愛がってもらいましたhappy01

もう~私はメロメロでhappy02暇さえあれば~ちゃむの絵ばかり描いていましたpencil

今も~その時の「絵」を大事に飾ってくれている友達がいます

shine有難いですshine

G_2 卒業と同時に実家へ帰ってきました。

猫3匹暮らしています。

夏冬休みは一緒に帰宅していたので

猫達と一緒に居ても

全然!平気でしたぁhappy01

実は1度!猫がチョッカイ出してきたことがあったのですが・・・・

驚いた!ちゃむは!後足で~なんと!!「うさキック!!」一撃!それから猫達は~完全に気を遣うようになったんですcoldsweats01

本当にたくましい!うさぎさんでしたpunch

8年間実家で暮らしました。

ちゃむにとって・・・どんな8年だったんだろぅ・・・。

G_3 そして・・・・結婚してこの家に連れてきました。

当時私は仕事が忙しく~そして新しい生活に一杯一杯で色々な面で淋しい思いをさせるんじゃないかと思い・・・結婚してすぐには連れては来ず、実家の父に見ててもらってました。

ちゃむが来たのは・・しばらく経ってからです。

初めて動物と暮らす楽しさを知った夫。

ちゃむにデレデレでした。

G_4 私の腕の中で寝ていますconfident

G_8 ストーブが大好きでしたheart02

G_9 台所も大好きでしたheart04

でもやっぱり板を歩くのは苦手。

G_10 掃除機かけてる時は

ビクリともせずconfident

いつもあの辺から「じー」っと

見ていましたぁ。

G_11 こんなことも~してくれましたheart02

G_7ちゃむは、ソファーの上が一番のお気に入りでしたheart02

ここから外を眺めていました。

年寄りだからなのか~

イタズラを全くしないので、

サークルは必要ありません。

私達が出かける時は

いつも 出しっ放しで

ソファーの上でじっと寝ているのが

日常でした。

そんな風にしていられたのが不思議なくらいですconfident

G_5 本当に気持ち良く眠っていました。

ソファーの左端は

ちゃむの特等席でしたshine

帰ってきて戸を開けると

いつもそこにいたんです。

Pap_2571 ちゃむと夫と3人で

大きな公園に行って~お散歩していました。

外を走るのが大好きでした。

足が好きで、

歩いてると~犬のように追いかけてきてました。それが~たまらなく嬉しかったのを思い出します。

tulip私の足をぐるぐる回る・ちゃむの動画です。

時間がある方で結構です~良かったら見て頂けると嬉しいですtulip

↓↓↓↓

「061216_130801g.3G2」をダウンロード

Pap_2575 実は・・ちゃむ・・・

年と共に病気も抱えていたんです。

左の頬に腫瘍ができました。

異変に気づき病院に連れていきましたが・・・手術するには年寄りだし~リスクが高すぎると言われました。まだ小さな腫瘍でしたので・・・きっとそのうち無くなってくれると信じていました。

最後のクリスマスxmas

一緒に過ごせてよかったdiamond

私まだ・・・笑ってる。

G_12 それから~急ピッチで・・・

腫瘍は大きくなり、ペレットが自力では食べられなくなりました。

食欲はあるのに食べられない。

2月に入ってすぐのことです。

私は鳥用エサやり器具~細くて注射器みたいな物を買ってきて

やわらかくした~ペレットやバナナ、野菜などを1時間ごとに毎日あげ始めました。

元気に食べてくれてました。

でも体力は日に日に落ちていきました。

わたしは~「そんなはずない」と現実を受け止められずに

もがいていました。

G_13 ピョンピョンしなくなったちゃむ。

車で15分。

実家に連れて行けば

きっと!走ってくれる!と信じて

庭に置いてみました。

少し歩きますが・・・

筋肉がグターと下がり

もう本当にムリなんだと実感しました。

外の空気に触れて、

少しでも元気になってくれたら~

と必死な思いでした。

ちゃむは~かなりの「おじいちゃん」でしたが

その時~私の目には、昔からずーっと変わらない「ちゃむ」の姿しか見えていませんでした。

これからも~ずっとずっと一緒だと勝手に思い込んでいましたので

お別れが~もうすぐ訪れることを考えちゃうと

どうしても~涙が溢れてきて止まりませんでした。

それは・・夫も同じ気持ちでした。

2月からはずっと~ちゃむと一緒に寝ました。

ちゃむは亡くなる前日まで、私があげる~やわらかいバナナを精一杯の力を振り絞って

とっても嬉しそうに食べてくれました。

ちゃむは辛いのに~私に元気を分けてくれてる様な気がして

そんな姿がとても愛おしくて~切なかったです。

私はちゃむと出会って~たくさんの楽しみや喜びそして~勇気や元気をもらいました。

ちゃむは~もう十分頑張ってくれた。

だから最後は・・ゆっくり眠らせてあげたいと自分に言い聞かせて

給餌をやめました。

そして・・・つぎの日の暖かい午後

私が見守る中・・静かな眠りについていきました。

G_14_2 ちゃむと散歩した時

よつ葉のクローバー3つclovercloverclover

見つけました。

今もケースに入れて持ってます。

1日1日がとても貴重な3週間でした。

ちゃむと過ごした11年

思い出は尽きません。

長いようで・・とても短かったように思います。

ちゃむ・・本当にありがとう。

ずっとずーっと

私達の「ココロheart01」の中で生きてるんだshine

**************今回の長い長い話に付き合って頂き、そして~最後まで読んで下さいましてshineありがとうございました。

心から感謝いたしますshine

ぷぅちゃんパワーをもらって頑張りますshine

にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへcloverclover

|

« ぷぅちゃんと「パイナップルジュース」。 | トップページ | ぷぅちゃんの「小さな冒険」。 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

朝から(;_;)…
はれこさんのアトリエで見てたちゃむくん
こんにちは、るんママよ…
今日が命日だったのね。
ウチのジャンハムのチョコも去年2月…なんだか
勝手に運命を感じちゃっています…m(__)m

ネコちゃんたちに「ウサキック」をおみまいしたのね…
ここの場面だけは笑って読んだけど
その他はウルウルでした…
11年って、ウサちゃんにとっては長い年月ですよね…
でも、はれこさん達にとってみれば、もし病気にならなければ、もっと一緒に…
って気持ちですよね…
ちゃむくんの為に、たくさんの愛情を注いだ様子が
手に取るようにわかりました。
最後はゆっくり眠らせてあげよう…そう決めるまで
複雑な気持ちだったことと思います…
ちゃむくんは、わかってくれてます☆
そして「ボク、幸せだったよ」って思ってますね…
(コメントしながらも…うるうるです…とまりません…)
ちゃむくん、はれこさん達を見守っていますよ…
そこに、ウチのチョコもいたらいいなぁ…


旦那さんと頭を合わせて寝てる姿、とっても
可愛いです…どの写真も可愛いheart02
はれこさんの可愛いお顔もチラッとwink

ぷぅちゃんは、そんなはれこさん達の元に
やってきたのですね(*^_^*)
ぷぅちゃんのパワーをもらって頑張ってねshine
長くなっちゃいましたm(__)m

投稿: るんママ | 2008年2月21日 (木) 09時34分

感動で涙が出てきました。。。
11年も生きてくれた、ちゃむくんに
ありがとうの気持ちでいっぱいですねhappy02
ちゃむくんも、はれこさんと一緒にいられて
とっても幸せだったと思います。
うさぎと人間の絆はステキですね。
毎日しみじみと、そう思います。

今もはれこさんの心の中で生きている
ちゃむくん、ずっと見守ってあげてね!

ぷぅちゃんも長生きしますように!

投稿: ぬまこ | 2008年2月21日 (木) 14時12分

こんにちは
11年も生きてくれた ちゃむくん
愛情いっぱいもらって 病気を抱えていたけれど
幸せだったと思います。
今頃は 虹の橋で いっぱい食べて
元気に走り回っているでしょうね。
そしてぷぅちゃんを見守ってくれてると
思います。

投稿: nora | 2008年2月21日 (木) 14時54分

cloverるんママさんへ
今日は私も朝からweepうるうるでした。やっぱり思い出しちゃって。そしてコメントを読んで~さらにうるうるでした。
チョコちゃんの命日にるんママさんが、チョコちゃんの写真や大切な思いを綴っているのを見て、同じ時期に悲しい思いをされていたことを知って「じーん」としました。みんな同じ思いを乗り超えて来てるんだなぁって。
その時「ちゃむも、もうすぐだな~」と思いまた込み上げるものがありました。
るんママさんが「はれこのアトリエ見たよ」って言ってくださった時は、本当に嬉しかったんですよ。「こうゆう子もいたんだよ~」って、ちゃむのことも知って欲しい思いがあったので」。見てくれて感謝の思いでいっぱいでしたshine
ぷぅーちゃんパワーは強烈なのでcoldsweats01
元気もらってがんばりますshine
ありがとうございました。


********************
cloverぬまこさんへ
ぬまこさんのあたたかい思いheart01
ありがとうございました。
ちゃむが最後に・・楽しかったってshine思ってくれてたら~いいなぁって思ってます。
うさぎと人間の絆heart02本当にあったかく~そして深い絆ですよねshine
私も一緒にいると、どんどん絆が強くなって行くのを感じていますshine
大切に育てて行きたいですね。


********************
clovernora さんへ
とってもあたたかいheart02お言葉に
ココロが救われますshine
ちゃむが私のところに来て~楽しかったと、最後に思ってくれてたら~いいなぁって思います。1年経っても思い出すとweep涙が止まりません。ぷぅちゃんパワーをもらって明日からは~また元気にがんばりますねshineありがとうございました。

投稿: はれこ | 2008年2月21日 (木) 19時59分

はれこさん。きました。今日が終わってしまうかと思いました。朝読んで会社に行きました。切なかったですbearingちゃむちゃんの偉大さを知りましたclover
今があるって事、大切にってこと。人間忘れてはならないこと、教えてもらってる気がします。私達もちゃむちゃんが教えてくれたこと、胸にしまって生きていこうと思います。
ちゃむちゃんが可愛がってもらってたこと
しっかり覚えてみていてくれてると、思います。頑張れって。辛いことも嫌なこともあるけど、頑張ろうね。パパさんにもよろしくね
おやすみなさいmoon1

投稿: ぷりん | 2008年2月21日 (木) 23時35分

cloverぷりんさんへ
お忙しい中!来て頂き、
そして~心のこもったお言葉ありがとうございました。その思いに涙しちゃいました。
ちゃむには、ホント色んなことを教えてもらいました。特に自分の未熟さや愚かさをしみじみと痛感しています。
長い人生~良い時もあれば、辛い時、どうしようもない時!そして出来ることと、今どうしても出来ないことなど!さまざまなことがありますよね。
全部こなすことは本当に大変なことです。
その中で、今やってあげられることは~
思いやりの気持ちを込めてしてあげられたらいいなぁ~と思っています。
ぷりんさんの家族への思いや、ポッキーちゃん、ぷりんちゃん、お花さんへのあたたかい思いにはheart01いつも大きな「愛」を感じさせて頂いてます。
私もぷぅちゃんパワーもらって頑張りますね!

投稿: はれこ | 2008年2月22日 (金) 08時01分

頑張ろうね。これからおにいの整形外科に行ってきます。私も実家でイヌが食事食べれなくなった時。同じことしました。はれこさんも優しいのね。じゃ。又ねconfident

投稿: ぷりん | 2008年2月22日 (金) 16時20分

cloverぷりんさんへ
お疲れさまです!
お兄ちゃんの具合は~いかがですか?
早く良くなってshine元気に走りまわれるようになるといいなぁshine
ぷりんさんの実家のワンちゃんも大変な時があったんですね。優しいぷりんさん~
可愛がっているワンちゃん!
なんとかしてあげたい一心でいっぱいだったことでしょう!
私も~頭の中でたくさん考えて!思い付いたのが・・・「鳥用のえさやり器」でした。
一緒でしたねshine
きっと同じ思いだったことと思います。
貴重なお話ホントにありがとうございました。
私も頑張りますからねshine

投稿: はれこ | 2008年2月22日 (金) 19時59分

ちゃむの命日だったんですね。
また涙がでちゃいました。

ほんと、うさぎちゃんも人間と同じなんだね。最後はうさこさんのもとで静かに天国にいけたこと、ちゃむもとっても幸せだったと思います。そして、長い間、はれこさんをいつもそばで見守ってくれたこと、私からも、ちゃむ、ありがと。

きっと今頃、たくさんの思い出とともに天国で元気に過ごしてくれていることでしょう。


投稿: みゆのすけ | 2008年2月22日 (金) 21時18分

cloverみゆのすけさんへ
ちゃむのブログ見てもらえて
ホント嬉しいです!
可愛がってくれてたから~
読んでもらえたらいいなぁって思ってました。
ちゃむもおじいちゃんになったでしょ。
「私がいなくなったら・・・」の話
しっかり覚えてますよ。
みゆのすけさんの力強い言葉に感謝の思いでした。
でも・・ちゃむの最後を無事に見届けることが出来ました。
私はちゃむにとって・・
どんな飼い主だったか・・自信がありませんが・・・
ちゃむが・・最後に「楽しかった」と思ってくれてたら~いいなぁって思います。
ほんとうにありがとうね。

投稿: はれこ | 2008年2月22日 (金) 21時53分

初めまして。今日初日からたどって読ませてもらっています。私も今年の5月の下旬に9年と3ヶ月で月に帰ったウサギ(ゴエモン)がいました。ゴエもちゃむ君と同じで左足に腫瘍ができ老体で手術もできず、両目の方も白内障で最後の方は失明してしまいました。発病から3ヶ月間のあいだ精一杯頑張って逝きました。ゴエがいなくなり夫婦だけの生活にもなれてきたこの頃、うさぎブログを見れるのもありインタ-ネットを引きました。これからもブログ楽しみにしています。初めてのコメントなので支離滅裂になっってすみません。

投稿: ゴエモン | 2008年9月27日 (土) 02時00分

appleゴエモンちゃんのママさんへ
はじめましてです。
コメントありがとうございましたm(_)m。
5月に辛い悲しい別れを迎えたんですね。
ママさんのお気持ち~すごくお察し致しますm(_)m。
ゴエモンちゃんとの9年間は~楽しい思い出がたくさん詰ってることでしょうshine
ママさん達とずっと一緒に過ごしてきた日々は~ゴエモンちゃんにとって一番の幸せだったことと思いますshine
私も可愛い家族との別れは・・・本当に大きな衝撃で~受け止められるまでかなりの時間がかかりました。
未だに~ちゃむのことを思うと
涙が溢れてきちゃいます。
でもママさんご夫婦は~あの頃の私とは違って~
しっかり今、前を向いて歩いてらっしゃいますshine
その思いに感服致しましたm(_)m。
ゴエモンちゃんはずっと大好きなお二人を
お月様から
見守ってくれてますよshine
また、お時間の宜しい時
遊びに来てくださいね(^^)

投稿: はれこ | 2008年9月27日 (土) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513756/10639313

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃむの「思い出がいっぱい」:

« ぷぅちゃんと「パイナップルジュース」。 | トップページ | ぷぅちゃんの「小さな冒険」。 »